フィレンツェ 食編

まずは、おいしいものを見れるかなっと楽しみにしていた
フィレンツェの市場へ。


a0137487_18433242.jpg


お肉屋さんは、すごかったです。
内蔵ものがいっぱい!!頭がしっかりついた鶏に鴨が。
苦手な人は絶対行かない方がいいですよ!

最初は大丈夫でも、途中から、うーん、もうあまり見たくないかもっ
て思っちゃいました(苦笑)。

でも、いっぱいぶら下がっているハムは、おいしそうです。


a0137487_18454689.jpg


この市場には、日本人観光客(私も含む)が結構いましたが、日本人の方が
市場のお店に何人かいらっしゃったのには、ちょっとびっくりしました。
もちろん、お肉とかお魚のお店ではなくて、お土産にできそうなもの
(乾燥キノコとか)を売るお店でしたが。

日本語で話しかけられたので、一瞬、あれっイタリアだっけって思っちゃいましたよ。


a0137487_18563255.jpg


こちらは、街のお肉屋さんのディスプレイ。
ぶた君達が、ディナー中(笑)。美味しそうな栗がお皿に。

「うちのお店の豚は、おいしいオーガニックの栗で育っていますよ!」
 のアピール。


a0137487_18504834.jpg


さて、イタリアと言えば、カフェ。
ほら、いちいち名前を覚えなくても、カップチーノ、ラテ...等の飲み物は、
イタリア語ですよね。

あっでも、今回思ったのですが、観光都市だけあって、英語で全然大丈夫でした。
挨拶とお勘定という単語以外は、全て英語でした。皆さん、英語が上手。
下手にイタリア語をしゃべるよりも(しゃべれないけれど)、向こうが英語で
対応してくれて、ありがたいです。


a0137487_18531136.jpg


最初に入ったカフェ↑で、注文の仕方が分からず聞いたら、最初に払うという事
でした。ガイドブックでそれぐらい勉強してくれば、良かった(苦笑)。

あっちなみに、このカフェにも日本人の方が働いていましたよ。
他にも、イタリアらしい素敵な靴屋さんに、まねき猫がいたのですが、
やっぱり以前に日本人の女性が働いていたそう。

フィレンツェ、日本人多しですね。


a0137487_192717.jpg


そうそう、カフェと言えば、立ち飲みと座り飲み(?)があって、
そんな習慣のない私達には、一瞬?でした。
要は、座ると高い値段なのですね。

が、↑このカフェ、お昼に入った時は、立ち飲み料金で、座っていても
何も言われなかったのですが、夕方入ったら、ウェイトレスがやって来て、
何やら言うのですね。彼女英語が珍しく駄目な人で、意味不明だったのですが。
つまり、座るなら私にオーダーをして、それ相当の料金を払いなさい!という事です。

で、即、立ち上がりました(笑)。


a0137487_1995650.jpg


フィレンツェで有名な料理、これは食べておけ!的な料理。

Tボーンステーキ↑。
骨付きのステーキを、塩、こしょう、オリーブ油をまぶしただけで、炭火焼です。

一人前を頼んだのに、巨大!びっくりした。
その巨大ステーキ、テーブルに運ばれてくる時、お隣のテーブルのでっかい
イギリス人男性達に、一気に注目されました。

ダンナ曰く
「日本人の小さな(そうでもないけど)女性が、彼らよりもワイルドな巨大な
 ステーキを食べるんだから...彼らの注文したフィレステーキなんてかわいい
 お子ちゃまサイズだよ。」

ってダンナは、チキン食べてたけど...でも、やっぱりこのステーキを全部は
食べきれず、ダンナにフィニッシュしてもらいました。

でも、とってもおいしかったですよ!!シンプルなステーキはうまい!
 

a0137487_1928833.jpg


後、食の思い出と言えば...
巨大ステーキを食べた日は、一日中、パスタ、パン、肉!しか食べなかったのです。

で、その次の日、体がものすごい勢いで、野菜を欲したのですね。

デリでサラダ(美味い!)をいっぱい、立ち食いしました。
ええ、立って食べました。テーブルが立って食べる高さ&椅子なしだったので。

イタリア、立って食べたり、飲んだりがお好きなのね。
私は、座りたいけれど。

そんな文化の違いをひしひしと感じつつも、食べた料理は、どれも
おいしかった(えっと一軒のお肉料理を除き)旅でしたー。


人気ブログランキングへ

↑↑↓↓気に入っていただけたら、応援のクリックをぽちっと!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

by Londonkyou | 2010-04-20 19:44 | フィレンツェ旅行  

<< フィレンツェ View 編 暖かくなると... >>