<   2009年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

Kew Garden パート2

さて、このキュー ガーデンには、日本庭園もあります。
行けなかったけれど、民家!もあります。英語で、Minka Houseだって。

a0137487_18534635.jpg


日本庭園の隣には、でっかい中国風の塔もあり。
それをみて、ジャパニーズ ガーデンだーっと言っているお母さん達。
心の中で、あれは日本?と思う私。
どう見ても中国...でも、五重塔もあるし...。
でもねやっぱり、昔、中国の塔をまねて作ったものらしい。
そうだよね、中国だよね。ほっ。勘違いな外国人風なのかと思ちゃった。

その塔を眺めた後、ちゃんとした日本庭園へ。

a0137487_18494426.jpg


これは、勅使門だそうで、
京都の西本願寺にある門を小さくしたレプリカ。桃山時代の作品ですって。
1910年に行われた日英博覧会かなんかの時のものらしいよ。
こんなイングリッシュガーデンのなかでみると違和感ありあり。

a0137487_18593061.jpg


門の前には、禅ガーデンかしら。
石が波打ってます。

a0137487_1925335.jpg


湖畔へ。いっぱい鳥達がいたよ。

a0137487_1954122.jpg


やっぱり鴨親子が一番人気。何度見てもかわいい。
そういえば、台湾人の友達と一緒に鴨を眺めていた時、
二人で「鴨大好き」って叫んだ。
私の意味は、、鴨さんがかわいらしくて、大好き。
彼女の意味は、鴨はおいしくて、大好き。
中国系の人は、鴨料理大好きだよね。どちらにせよ、鴨はいい。

a0137487_1911469.jpg


すでに、疲れきった私たち。ふらふらで、一番最初に入ったPalm Houseの裏
までなんとか戻った。おばあちゃんお疲れさま。

ここのラベンダーは、きれいだったー。ラベンダーはこうやって大量にあると
インパクトがすごいよね。

さて、ふらふらになった私たちですが、こんなに歩く予定じゃなかったの。
実は、バスチケットを持っていたんです。
キュー ガーデンには、Kew Explorerというバスが走っていて
(30分に一本程度)ガーデン内に、8カ所バス乗り場があり、
チケットを買うと、何度でも乗り降り自由。
3度ほど、これに乗ろうとバスを待っていた私たち。
が、いつも、満席で乗れない。いつ見ても満席で結局歩くしかない。
多分、始発のバス停で乗ってから、最後まで誰も降りず、ツアーとして、
皆使っているらしい。

帰り際、お母さんがちゃんと事情を説明して、バス代を返してもらった私たち。
人が多い日だったらしいけれど、なら、バスの台数を増やすとか工夫をしてほしいわ。

もうひとつだけ、読めないからいいかなっと。
地図を担当して、皆を引率してくれたのは、お母さん。でもね、
お母さん、地図が全く読めないタイプだったの!それに気がついた私は、
自分で地図を見て、間違っていたら、今はここにいるよってやさしく注意をして
おりました。やさしくね。
地図に関しては、二度とお母さんをあてにできない事を学んだ私です。


いろいろ疲れたけれど、
いつも以上に体を動かし、自然を堪能し、家族の絆も深めた
今回のキュー ガーデン。とっても楽しかったです。


ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです。

by Londonkyou | 2009-07-30 19:44 | 公園  

Kew Garden

週末、ダンナのお母さんから電話をもらった。
「あのね、今度、私たちキュー ガーデンへ行くのだけれど、暇なら一緒にどう?」
そんなわけで、行って来ました、キュー ガーデン。
メンバーは、お母さん、おばあちゃん、お母さんの妹、その娘メガンちゃん、そして、私。
私以外(当たり前)、みんなそっくり。背丈(低い)も同じで、顔も同じ。
なんかね、私が巨人になった気分。

a0137487_238089.jpg


一番最初に入ったのは、Palm House。 大きな温室。
入ってすぐのところに、バナナがあり、それだけで、トロピカルな気分に。
でもね、湿気がすごくて、乾燥した快適な空気に慣れている体にはつらい。

a0137487_2451610.jpg


中はこんな感じ。

a0137487_2462930.jpg


おおっ南国といえば、ハイビスカス。


この日は、一日中おばあちゃんが、花や木についてレクチャーしてくれた。
すごく詳しいので、キュー ガーデンで働けるねっと皆で言い合ったぐらい。
おばあちゃん、ふふふっと鼻が高そう。

そんなおばあちゃんが、見たかったのが、Waterlily (睡蓮)House↓

a0137487_2475782.jpg


私は、ここが一番気に入った。本当にちいさい池だけど、美しい。

おばあちゃん、ここでは、「ボンッボンッボンー...」って
ポール マッカートニーのThe Frog (蛙)Song(知ってますか?)を歌ってた(笑)。



a0137487_2593785.jpg


↑この階段をあがり、ぐるっと一周すると、鳥達目線でキュー ガーデンを眺める事
ができますよっといった趣向のもの。
若いメガンちゃんと一緒に上ったまではいいけれど、この階段、そして、
ぐるっと一周する通路が網でね、下がばっちり見えるの。
私は、ヤバいと思った。体が拒否反応。
少し遅れて上って来たお母さんと共に、すぐに降りて来ました。
誰よ、あんなに下がばっちり見えるようにしたの!
全く眺めを見る余裕なし。


キュー ガーデンね、とっても広いんです。他にも見所がいっぱい。
たとえ、Buy 1 Get 1 Free(1チケット買うと、タダでもう一つもらえる)
で入ったとはいえ、しかも、私はおばあちゃんがおごってくれたし、
いっぱい見たい!まだまだ精力的に回る私たちです。

次回へつづく。


ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです。

by Londonkyou | 2009-07-30 03:24 | 公園  

続 リージェンツ パーク

しつこく続きますが、
リージェンツ パークにある花々、花壇がすばらしいので、
ぜひ見て頂きたい↓

a0137487_22385987.jpga0137487_22395648.jpga0137487_22414116.jpg
a0137487_22424428.jpg


きれいでしょ!
私は、自然な感じであまり手を付けていない(ように見せている)ガーデンが好みですが、
ここの手入れの行き届いた花壇は、目を奪われました。
しかもね、花壇ひとつひとつ、草花の組み合わせが違うの。
これ、すてき!あっこっちもきれい!いやいや、あそこもいいわ!っという具合。
ガーデニング好きなら、ぜひおすすめ。



a0137487_22583450.jpg


これは↑、ワンちゃんの糞用のゴミ入れ。
さすが、Royal Park用。うちの近所の公園のものとは違い、品がいい。
湖の鳥達、そして、むしろ彼らの糞に夢中だったマック。
ここでは、糞はもちろん、おしっこすらしなかった。
家の近所までずっと我慢していたマック。Royalなパークでも、公園に
かわりはないし、すればいいのに。こっちが心配したよ。


ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです。

by Londonkyou | 2009-07-27 23:19 | 公園  

Queen Mary's Garden

週末行ったリージェンツ パーク。
バラで有名なQueen Mary's Gardenを見てみようと行ってみると、
こんな看板が↓

a0137487_18284618.jpg


あらら、マックは入れないや。ダンナとマックを待たせて、写真だけ取って来た。
まだバラの季節だけれど、一番の見頃はすでに終わっているみたい。
それでも、ここの庭園は、美しい。

a0137487_1838987.jpg


a0137487_18411779.jpg


まだまだ見事なバラもあった。

a0137487_18424024.jpg


この公園、ロンドンで一番大きな公園なんだって。知らなかった。
東京ドーム40個分の広さだって。
ロンドンは、世界の大都市のなかで、一番緑豊かって聞いた事がある。



おまけに、

ごろんと転がったおじさんも、どうぞ。

a0137487_18481863.jpg


おじさん、気をつけないと皮膚がんになるよー!
イギリスにはこの手の方が多い。
確かに、ここにいると太陽の光が恋しくなるし、気持ちも分からないでもない。
でも、ここは、ビーチではないぞ。
ま、すんごくおかしいよって最初の頃は思ったけれど、今じゃ慣れましたが。


ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです。

by Londonkyou | 2009-07-27 19:04 | 公園  

ロンドン的週末の過ごし方

とってもいい天気だった土曜日、マックを連れて、
Regents Park(リージェンツ パーク)へ向かった。

ここは、ロンドンZoo(動物園)があるところ。
そんなわけで、マックを脅すダンナ。
「マック、いい子にしてないと、動物園において帰るからな!
 ゴリラのおりの中に入れるぞ!」

a0137487_121888.jpg


イギリスの夏の風物詩、デッキチェアーがずらり。


湖の前のベンチに座り、持って来たサンドイッチをほおばる。
湖の鳥達を見たり、人の観察をするのは、楽しい。


a0137487_1242483.jpg


ボートに乗った家族。

a0137487_1273888.jpg


何の鳥か分からないけれど、2羽で前後に並んで歩いてた。

a0137487_1324330.jpg


親子で散歩中。かわいい。

a0137487_135552.jpg


このカップルは、鳥達に餌をあたえていたため、鳥軍団に囲まれてます。
みんな湖の鳥達に餌をあたえているのに、鳩がいっぱい集団でやってくるんだよな。
鳩好きならいいけど、私は駄目。

a0137487_1295718.jpg


そのサンドイッチのパンほしいなー。じっと見つめるマック。
ちょっとだけマックにおやつであげた。

散歩したり、寝転がったり、ピクニックしたり、サッカーしたり、
本を読んだり、ただボーっとしたり、おしゃべりしたり、
鳥とたわむれたり、きれいな花を眺めたり、日焼けに勤しんだり、
公園は、ロンドナーにとって、なくてはならない憩いの場です。


ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです。

by Londonkyou | 2009-07-26 01:51 | 公園  

AC/DC

このブログを始める前に行ったAC/DCのライブについて。
あまり音楽ネタがないのでね、ま、いいかな。(勝手な理由ですみません)
私が行ったのは、Wembleyではなく、O2でのライブ。
席はステージの左横。行く前は、あまりいい席じゃないんじゃ...と
心配したけれど、意外に見やすくいい席だった。ステージ裏も覗けます。

a0137487_0322697.jpg


カメラを忘れてしまい、携帯で取ったものだけど、結構きれいに取れてるね。

ライブはどうだったかと言えば、ちょっと前なので、しばし思い出してみる...
でも、もちろん、楽しかったよー。
好きな曲もいっぱいだったし、全然知らない曲でも、楽しめた。
(私、そこまで強烈なファンではないのでね、はい。)
ちょっと強面のファンも多く、元、いや、現役バイカーかなって思う人々もいっぱい
だったけれど、みんなノリノリ(この言葉古い?)。

それにしても、このおじさま達(AC/DC)さすがに絶大な人気を維持し続けているだけ
あり、ライブの盛り上げ方がうまい。
そりゃ、これだけの人気をしょぼいライブじゃ保てないよね。
私たちの席は、ステージの真横なので、結構忘れられがちな席。
でも、シンガーのブライアン ジョンソンが、ずっと気を配ってくれ、手を挙げたり、
ふったりして、盛り上げてくれた。

a0137487_0441191.jpg


ダンナは、弟達と一緒に、Wembleyにも行った。行けなくなった人の代役で。
スタンド席で、野郎どもと一緒に、ビール飲んで、はしゃいできたみたい。

青春を一緒に過ごした親父世代ももちろん多いけれど、
若い世代も多かったライブ。親子参加もいっぱいいた。
老いも若きも虜にする、スーパーバンドですね、本当に。


ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです。

by Londonkyou | 2009-07-25 01:31 | 音楽  

マックのご近所ガーデン

今日は、いい天気だと思ったのに、散歩もいい天気のなか
気持ちよくできたのに、急に雨。あっでもすでに止みそう。

マックの散歩に私がいつも行く公園は、3つあります。
たまに週末に大きなCommon(広ーい草原、森)が加わりますが。

そのうちの一つ。いちばんご近所の小さめな公園。
でもね、Parkではなく、Gardenらしい。
私(日本人)からすれば、十分立派な公園ですが、ダンナにパークって言ったら、
「違うよ、ガーデンだよ!」と言われた。
なんでも、パークと呼ぶには小さいらしい。

ここは、マックが公園デビューをしたところ。
始めてリードなしにしてお散歩させた、思い出の場所。

a0137487_19374611.jpg


そのせいか、マックの縄張り意識が一番強く、
このガーデンでは、態度がでかく、一度他の犬と遊びだすと
もう駄目で、なかなか言う事を聞かない。
他の公園だとちゃんと戻って来てくれるいい子なのに、どうして??

a0137487_1943133.jpg


そんなわけで、ちょっと私的には避けたくなっているこのガーデン。
そしてね、もう大きくなっているマック(現在8ヶ月)だから、もっと大きい公園
で思いっきり走らせた方がいいと思うしね。
ただ、散歩を短く済ませたい時、雨の時など、ここをまだ利用してます。

a0137487_19491919.jpg


バラの花壇の前で、飛んでるマック。
ここのバラはとってもきれいです。

ここで知り合った犬達、飼い主達もいるし、やっぱり近くて便利で、
なかなか捨てがたいんだな、このガーデン。


ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです。

by Londonkyou | 2009-07-24 20:15 | 公園  

夏セール

もう、セールも終盤。
私は夏のセールはいまいちです。だってね、いつも
店のウインドウを見て、あっ!いつの間にかセールじゃん!って気がつく。
始まりがね、冬のセールのようにはっきりしていない。クリスマスが終わって
からだと絶対覚えている。ま、これも、最近は、クリスマス前から
やっていたりするけれど。夏は、だいたい6月中ごろに始まり、7月末
ぐらいまで(だと思う、ちょっと自信がないです)。

私がセールでよく見るのは、キッチン用品。
セールになるのがわかっているものを、セールになってから
買う事もあるし、セールなら買おうかなってものもある。

a0137487_3464614.jpg


キッチン用品売り場に行った時。
やけに、Britishに飾り付けられていた。私こういうの大好きなんだな。

a0137487_3494214.jpg


買ってしまったもの。↓
クッキー入りの缶。もちろん缶目当て。
クッキーを食べ終わったら、マックのおかず入れにしようと思い、つい。

a0137487_3553249.jpg


私はこのCornish(コーンウォール、イギリスの南西部)陶器の白と青の
ボーダーデザインが大好き。これについては、いずれ紹介しようかなと思っています。
この缶は陶器ではないけれど、かなり気に入ってます。
クッキーは、あっさりしたバター控えめでした。

そういえば、セールの時には、セール用の袋を使うお店が多いイギリス。
セールの宣伝になるけれど、日本じゃないよね、こういうの。

a0137487_491327.jpg


ちょっとしつこいよね、この袋。


ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです。

by Londonkyou | 2009-07-23 04:20 | 暮らし  

糞まみれ事件

イギリスらしい天気です、最近は。
晴れたり、曇ったり、雨が降ったり。それの繰り返し。
一日の中に四季があるって何かに書いてあったな、そういえば。

今日も同じような感じ。
ちょっといつもより遅めにお散歩へ。

a0137487_20472299.jpg


嬉しそうに走るマック。

なんだか、公園の湖(そんなに大きくないから池?)あたりに子供達が
いっぱい。ヨット?カヌー?詳しい事はわからないけれど、しばし、マックに
リードをつけて(池に飛び込むといけないから)ベンチに座り少し眺めてた。

a0137487_2052021.jpg


あいにく、どんよりした空模様になってしまったけれど。

a0137487_20533556.jpg


a0137487_20575224.jpg


この湖には、鳥達もいっぱい住んでいる。
アヒルとか、白鳥とかね、あと、Geese(ガチョウ)。
その鳥達の糞らしきものがいっぱい公園にはあったりする。

犬は、習性で、自分の体に糞、泥などをこすりつけたりする。
最近のマックはこれが特にひどい。
一ヶ月前に、近所の小さな公園で、なんと巨大なしたてほやほやの
糞を私たちが見ていない隙に、体いっぱいにこすりつける事件があった!
だから、気をつけてはいたのだけれど...。
いつも私が歩いて、マックが後ろから付いてくる。
長い間、一カ所の匂いを嗅いでいるとは思ったのだけれど、(でもこれはいつもの事)
無視してさっさと前に進んだ。ふっと振り向くと体をごしごし地面にこすりつけてる。
ここまでは、ぜんぜんOK。地面が草だけの時だったり、糞でも乾いていて
よくわからないような糞だったりする。ただ、今回は乾燥前の、ねっとりしたもの。
急いで、マックをリードにつけて、怒って帰るはめに...はーーー。
唯一の救いは、糞が犬のものでもなく、狐のものでもなく、湖の鳥のものだった
らしく、匂いが全然しなかったこと。

a0137487_2113217.jpg


↑今日のではないけれど、スリスリしている所。

帰ってマックの汚れた体をシャンプーして、疲れた私。
犬の習性といってもさ、なんか対策はないのかなー?
あと、最近、糞を食べようとするのもなんとかしてほしい。
これも、犬ならする事なんだって。ほっとけばそのうち直ったりするみたい。
食べたい年頃なのかしら。
全然心配する必要はないらしいけれど、やっぱり嫌だよね。

これもやっぱ、反抗期のせい?親(飼い主)が嫌がる事をやりたいお年頃か?

a0137487_2121327.jpg


えへっ。


ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです。

by Londonkyou | 2009-07-22 21:38 |  

発見

ロンドンの街を歩くのが大好き。
ちょっと裏道に行くと意外な発見があるから。
行く地域により建物ががらっと変わったり、雰囲気が全く
違うものになる。ちょっと知らない地域には発見がいっぱい。
昔このあたりはさ...うんぬんの歴史も感じとれるよ。
ま、タダで楽しめるのは、いい事です。いい運動にもなるし。

a0137487_1830863.jpg


クリスマスのもみの木?と思うほど、すばらしい形。
こんなに整った木なかなか見ないよ。
いつも自然にぼさっとしてたり、まーるい形だよな。
ついついカメラのシャッターを押した。
街のちょっとした裏道にて。

a0137487_18383615.jpg


いつも曲がる角を曲がらずに歩いたら、見つけた建物。
何だろう??
Wallace Collectionだって。知らない。
帰って古ーーいガイドブックを見た。あるある。
Sir Richard Wallaceのコレクションだって。絵画から調度品、
東洋の武具まであるらしい。
レンブラント、ルーベンスとかもあるみたい。
入場料は、無料だって!すごいじゃん。
でもね、このガイド古いんだよね。当てにならない。後でちゃんと調べよ。



大通り、人混みを避けれて、ちょっとした発見もある
裏道はおすすめ。知っておくと、急いでいる時の早道にもなります。
もちろん、全く知らない危険なエリアでは、やめてね。


ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです。

by Londonkyou | 2009-07-21 19:01 |