カテゴリ:フィレンツェ旅行( 7 )

 

フィレンツェの街角より

長々とお付き合い頂いた、フィレンツェ旅行記もこれで最後。
今回は、私が好きで撮った写真を載せちゃいます。


a0137487_22302446.jpg


ジェラードやサンドイッチなどを売るカフェ。
こういったお店の写真を撮るのが好きなんです。
ええ、趣味です。


a0137487_22325157.jpg


こちらは、街のスイーツ屋さん。
ここで、マックの面倒を見てくれた義妹ヘイリーへのお土産を買いました。


a0137487_22364181.jpg


2回しか食べれなかったジェラート!本当はもっと食べたかった私です。
でも、まだちょっと寒かったかな...


a0137487_2242981.jpg


街の至る場所に、宗教系の壁画&飾りがありましたよ。
さすが、カトリック総本山のあるお国。


a0137487_22455051.jpg


こういった壁画などが、街の雰囲気をぐっと良くしている秘密なのかも。
「あっここにも!そこにも!」といった感じで楽しんで見てました。


a0137487_22484829.jpg


ここにも宗教画が壁にあったのですが(あまり見えないですね...)、
私は、わんちゃんに注目をしてました。

写真の中では大人しくしていますが、飼い主さんの買い物袋の中にあるらしい
食べ物目がけて、ぴょんぴょん飛び跳ねていたので。

わんこと言えば...


a0137487_22562817.jpg


ポーカーをしている犬達がいたりしました(笑)。

前にも書いたのですが、フィレンツェ、犬が多かったです。
観光都市とはいえ、やっぱり一般人も住んでいるんだなーなんて当たり前の事を
思ったり、犬と一緒に旅行なのかなとも思ったり。


a0137487_22582863.jpg


私達の後ろにも犬がいたため、こんなにリードを引っ張っています。


a0137487_2331482.jpg


暖かい日差しの中で、ひなたぼっこ中のわんちゃんも。
気持ちよさそー。


フィレンツェ旅行記、以上です。今回は、別にどうでもいいネタなのですが、
おまけとして楽しんで頂けたら...。


人気ブログランキングへ

↑↑↓↓気に入っていただけたら、応援のクリックをぽちっと!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

by Londonkyou | 2010-04-22 23:20 | フィレンツェ旅行  

フィレンツェ View 編

まだまだ続きます、フィレンツェ旅行記。
もう少し、お付き合いお願いします。今回は、View(眺め)編。


a0137487_232991.jpg


ウェディングの日の朝、予想以上に時間があったので、
Duomo (ドォーモ)のクーポラへ登った私達。
朝、まだ早めだったので、列もなかったのですが、12時頃にここの前を
通ったら、すごい行列でびっくりしました。

朝早くから目が覚めて眠れなかったのですが...早起きで得しました。


a0137487_275528.jpg


さて、結構きつーい階段を登っていくと、天井画の近くに出ます。
天国はともかく、地獄の絵(写っていませんが)は、けっこう酷い。

私達の後ろには、おじいちゃん&おばあちゃんのグループがいたのですが、
大丈夫なのかな??

はーーぜぇぜぇっ、まだかなって思う程、さらに登っていくと...


a0137487_215723.jpg


やっと着いた!!展望台からは、すばらしい眺め!!
天気もいいし、気分も最高!


a0137487_2192181.jpg


ヴェッキオ宮が見えます。その後ろには、ウッフィツ美術館が。

さて、ここは、私にとって、30歳の誕生日にフィレンツェのドォーモの展望台で
会おうと約束をして...再会、という小説「情熱と冷静のあいだ」の場所。
私は、江國香織さんの方(赤の方)を好きでよく読んだりします。
(映画版は、ロンドンだったので、見ていません)


a0137487_223420.jpg


この日は風が強くて、飛ばされないように必死でした。

それにしても、統一された屋根の色に、周りを囲む緑の山々...
いい眺めのはずですね。

あっひとつだけ、嫌な事が!あれだけ、「落書きはしないで!」と注意書き
があるのに、皆無視して落書きだらけ!!
日本人の名も...マナーの悪さにがっかりしました。


さて、
もう一つ、素敵な眺めがありましたよ。


a0137487_2345668.jpg


とってもまぶしいのですが、きれい!!
サングラスをかけてもまぶしいです!

高性能なカメラなら、もっといい写真が撮れた事でしょうが、
しょうがないかな。


a0137487_2383593.jpg


あー、まぶしいけれど、
夕日のヴェッキオ橋、印象に残るいい眺めでした!


a0137487_2425463.jpg


ところで、フィレンツェで一番有名なビューポイントと言えば、
ミケランジェロ広場。フィレンツェの街並みを一望できる場所ですが、
今回は、時間がなかったため、嫌、行こうと思えば行けたのですが、
ちょっと離れている丘の上だったし、ゆったり過ごしたかったので、
(そう、ゆったりは重要です!)行きませんでした。

でも、一つぐらい何かやり残しても、いつか来る事があったら(あるのか??)
その時にね、取っておくのもいいかもね。


人気ブログランキングへ

↑↑↓↓気に入っていただけたら、応援のクリックをぽちっと!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

by Londonkyou | 2010-04-22 03:17 | フィレンツェ旅行  

フィレンツェ 食編

まずは、おいしいものを見れるかなっと楽しみにしていた
フィレンツェの市場へ。


a0137487_18433242.jpg


お肉屋さんは、すごかったです。
内蔵ものがいっぱい!!頭がしっかりついた鶏に鴨が。
苦手な人は絶対行かない方がいいですよ!

最初は大丈夫でも、途中から、うーん、もうあまり見たくないかもっ
て思っちゃいました(苦笑)。

でも、いっぱいぶら下がっているハムは、おいしそうです。


a0137487_18454689.jpg


この市場には、日本人観光客(私も含む)が結構いましたが、日本人の方が
市場のお店に何人かいらっしゃったのには、ちょっとびっくりしました。
もちろん、お肉とかお魚のお店ではなくて、お土産にできそうなもの
(乾燥キノコとか)を売るお店でしたが。

日本語で話しかけられたので、一瞬、あれっイタリアだっけって思っちゃいましたよ。


a0137487_18563255.jpg


こちらは、街のお肉屋さんのディスプレイ。
ぶた君達が、ディナー中(笑)。美味しそうな栗がお皿に。

「うちのお店の豚は、おいしいオーガニックの栗で育っていますよ!」
 のアピール。


a0137487_18504834.jpg


さて、イタリアと言えば、カフェ。
ほら、いちいち名前を覚えなくても、カップチーノ、ラテ...等の飲み物は、
イタリア語ですよね。

あっでも、今回思ったのですが、観光都市だけあって、英語で全然大丈夫でした。
挨拶とお勘定という単語以外は、全て英語でした。皆さん、英語が上手。
下手にイタリア語をしゃべるよりも(しゃべれないけれど)、向こうが英語で
対応してくれて、ありがたいです。


a0137487_18531136.jpg


最初に入ったカフェ↑で、注文の仕方が分からず聞いたら、最初に払うという事
でした。ガイドブックでそれぐらい勉強してくれば、良かった(苦笑)。

あっちなみに、このカフェにも日本人の方が働いていましたよ。
他にも、イタリアらしい素敵な靴屋さんに、まねき猫がいたのですが、
やっぱり以前に日本人の女性が働いていたそう。

フィレンツェ、日本人多しですね。


a0137487_192717.jpg


そうそう、カフェと言えば、立ち飲みと座り飲み(?)があって、
そんな習慣のない私達には、一瞬?でした。
要は、座ると高い値段なのですね。

が、↑このカフェ、お昼に入った時は、立ち飲み料金で、座っていても
何も言われなかったのですが、夕方入ったら、ウェイトレスがやって来て、
何やら言うのですね。彼女英語が珍しく駄目な人で、意味不明だったのですが。
つまり、座るなら私にオーダーをして、それ相当の料金を払いなさい!という事です。

で、即、立ち上がりました(笑)。


a0137487_1995650.jpg


フィレンツェで有名な料理、これは食べておけ!的な料理。

Tボーンステーキ↑。
骨付きのステーキを、塩、こしょう、オリーブ油をまぶしただけで、炭火焼です。

一人前を頼んだのに、巨大!びっくりした。
その巨大ステーキ、テーブルに運ばれてくる時、お隣のテーブルのでっかい
イギリス人男性達に、一気に注目されました。

ダンナ曰く
「日本人の小さな(そうでもないけど)女性が、彼らよりもワイルドな巨大な
 ステーキを食べるんだから...彼らの注文したフィレステーキなんてかわいい
 お子ちゃまサイズだよ。」

ってダンナは、チキン食べてたけど...でも、やっぱりこのステーキを全部は
食べきれず、ダンナにフィニッシュしてもらいました。

でも、とってもおいしかったですよ!!シンプルなステーキはうまい!
 

a0137487_1928833.jpg


後、食の思い出と言えば...
巨大ステーキを食べた日は、一日中、パスタ、パン、肉!しか食べなかったのです。

で、その次の日、体がものすごい勢いで、野菜を欲したのですね。

デリでサラダ(美味い!)をいっぱい、立ち食いしました。
ええ、立って食べました。テーブルが立って食べる高さ&椅子なしだったので。

イタリア、立って食べたり、飲んだりがお好きなのね。
私は、座りたいけれど。

そんな文化の違いをひしひしと感じつつも、食べた料理は、どれも
おいしかった(えっと一軒のお肉料理を除き)旅でしたー。


人気ブログランキングへ

↑↑↓↓気に入っていただけたら、応援のクリックをぽちっと!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

by Londonkyou | 2010-04-20 19:44 | フィレンツェ旅行  

Wedding in フィレンツェ

今回の旅の目的は、高校時代の友達のWedding セレモニーに参列&
お祝いをする事!私は、とっても楽しみにしていました。

そして、待ちに待った、Wedding の日。青空な朝!やったー!!
前日の午前中は、ひどい雨だったので、ちょっと心配していたのですが、
晴れて良かった。


a0137487_0311417.jpg


私達は、直接教会へ行き、そこで友達カップルの到着を
待ちました。


a0137487_034157.jpg


教会の敷地内をふらふら、
教会の写真を撮ってみたり。

そして、ついに...お二人到着。


a0137487_0372284.jpg


先に車から降りた、新郎の最初の一言は、
「めっちゃきれいやでー!」
幸せオーラでまくってました!!

我が友は、すっごくすっごくきれいでしたー!
愛らしい彼女にぴったりな、かわいいドレス!!


a0137487_03958.jpg


ふふっとってもお似合いのカップルです。

ところで、実は二人きりの挙式へロンドンより駆けつけた私達。
そんなわけで、私、式のWitness(証人)になりました。二人が結婚の証明書に
署名をした後、私が、証人として署名をしたのです。私なんかで良かったのか...
でも、嬉しいお願いでしたよ。

その際、カメラマン&DVDビデオカメラマンにじっくり撮られてしまいました(汗)。
もちろん、式用にいつもよりおしゃれをしているのですが、
参加するだけだと思っていたので...
日本で行われるパーティーでは、私(&ダンナ)の部分をカットしてもらえると
いいのですが。


a0137487_041490.jpg


「おめでとう!!」のシャンパンです。

お幸せに!!


a0137487_0515220.jpg


式後、いろんなポーズの写真を撮っていた二人。(↑ポーズ中です)

カメラマンからの「ほっぺたをくっつけて」「見つめ合って」などの注文に
めっちゃ恥ずかしい!!と照れながらのポーズ。

私達もその後ろから、ポーズ中ではないリラックスした二人を
撮ろうと必死でした。ダンナが意外にいい写真を撮ってくれましたよ。


a0137487_1394450.jpg


この日の夜、幸せ一杯の二人と、ディナーを一緒しました。

前日一日中、お肉&パスタ&パンのみ(野菜なし)の食事だったので、
その反動で注文した魚介類のパスタ、ツナステーキが、すっごくおいしかったです。
(野菜は、お昼にいっぱい食べました)

お店の予約の際、結婚のお祝いだと言っておいたので、
お祝いのスパークリングワイン(シャンパン)をプレゼントしてくれました。


イギリス以外の海外で、友達と一緒のディナーは、とっても楽しかったです。
特に、結婚のお祝いだなんて、嬉しかったな。

ところで、私にとっては、けっこう重要な、「ブログやってます」のカミングアウト
をしましたよ。写真の許可を得なくちゃいけないのでね。日本の友達で知っている
のは、ホント数人のみです。(皆さんは、誰にでも教えているのでしょうか?)


人気ブログランキングへ

↑↑↓↓気に入っていただけたら、応援のクリックをぽちっと!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

by Londonkyou | 2010-04-19 01:43 | フィレンツェ旅行  

アートな一日 in フィレンツェ

フィレンツェ二日目、朝起きたら雷に雨(涙)。
でも、午前中のみですぐに止んでくれました。ほっ。
さて、この日は日曜日でお店もお休みだし、アート観賞の一日に。

ロンドンから、行列必死なウッフィツ美術館&アカデミア美術館のチケットは
予約しておいたので、楽ちん。


a0137487_18381595.jpg


が、その前に、サンマルコ美術館へ。ここは、元修道院であります。
一階部分には、ありがちな宗教画があり、ふーんっこんなものかなーって
思っていたら、二階が予想以上に良かった!

修道僧のお部屋一つ一つを覗いて行くのですが、キリストの生涯のストーリー
のフレスコ画が部屋により異なり、雰囲気も静かで、心地よく、すっごく良かった
のです。とっても落ち着けました。
もっとゆっくりしたかったのですが、アカデミア美術館の予約時間が迫って来たので、
次へ。

(フィレンツェにある美術館内では、カメラは禁止だったので、
 残念ながら写真はなしです。)


a0137487_1845861.jpg


アカデミア美術館といえば、ダビデ像 by ミケランジェロ。
(写真が駄目なので、↑は、シニョリーア広場にある偽物)

元々、このダビデのために作ったミュージアムらしいので、(それまでは、
外に普通にいた)小さい美術館でした。

ダビデ像の後ろにあるベンチに座って、おしりを眺めながら(笑)、しばしボー。
ちょっと贅沢な気分です。


a0137487_18521429.jpg


「I cycle Firenze」の団体さん。自転車でフィレンツェを観光しましょ!
 という趣旨なのですね。
 朝雨だったので、ちょっとかわいそうだったけれど。


a0137487_1902946.jpg


川沿いカフェからの眺め。
次のウッフィツ美術館へ備えて、ランチ中なのです。

窓際席が空いた瞬間に、移動した私達、いい眺めに大満足!


a0137487_193225.jpg


まだ予約の時間まであったので、ふらふらしつつたどり着いた
サンタスピリト教会前には、マーケットが!

嬉しいな!マーケットを覗くの大好き!


a0137487_1951086.jpg


写真とは関係ないけれど、
喉が痛かったので、瓶詰めの飴を買いました。(でも、まだ未開封)


a0137487_1991777.jpg


ちょっと寒い日だったので、毛布にくるまってお休み中。
かわいい!!

フィレンツェ、犬が多かったのですよ。ちょっと私の中で、予想外でした。

駅で見かけた犬は、ノーリードで飼い主のお兄さんの後ろを歩いていたのですが、
お兄さんが、列車に遅れると思ったのか、いきなり走り出すと、指示もされてないのに
一緒に走って行ったのです。すごい!賢い!
でも、毎度の事で慣れているのかな(笑)。


a0137487_1917716.jpg


こちら有名なイノシシ君。
ぴっかぴかに光った鼻に触ると、またフィレンツェを訪れる事ができるらしい。
それにしても、すごい人気ものです↓。

a0137487_1915513.jpg


ち、近づけない...。

こういった写真名所で、いつも思うのですが、ラテン系の人たちのカメラポーズは、
すごいね。かっこつけポーズ(恥ずかしい...)。
そして、日本人(若者)のカメラポーズは、面白いかも。ジャンプしてたり、
ポーズが変てこな...お笑い系が多いような気が。(そんな事ない??)

などと、人のカメラポーズを結構見ている私、えっ私?私は、シンプルです。
ナチュラルです。ピースもしないし。


a0137487_19212558.jpg


ウッフィツ美術館は、もちろん写真駄目なのですが、
美術館の角からのヴェッキオ橋の眺め↑は、皆が撮っていたし、
注意もされないので、素敵な眺めが撮れました。

名画を観賞した後、お疲れ気味で、出口の下りの階段へ向かったら、
なぜか止められて、40分ぐらい待たされました。
とくに説明もされないし、前列にいる人達に、イタリア語で何かこそっと言っている
みたいだけれど、観光客だらけで、誰も理解していません(苦笑)。
訳も分からず、待たされるのは、かなり辛かったです。


a0137487_1925534.jpg


こーんな風に、アート観賞の一日でした。普通、一日に3つも美術館へ行くと、
疲れて大変なのですが、ゆったり回ったため&途中で休憩もいっぱいしたので、
全然大丈夫でしたよ。

私は、一番地味なサンマルコ美術館が気に入りました。
もし時間がある方は、おススメですよ。


ところで、昨日テレビをつけたら、緊急ニュースが。
イギリスの空港からのフライトが全てキャンセルというもので、最初は、
テロかストライキかと思ったのですが、アイスランドの火山が噴火したため
という非常に珍しいもの。
とりあえず、テロじゃなくてホッ。そして、私達ロンドンで良かったとホッ。
数日ずれたら、イタリアから帰れない!ふー、良かったわ。

イギリスへ来るのも出るのも駄目、そして北ヨーロッパ全体に影響が...
自然ってすごい。やっぱり自然にはかなわないですね。


人気ブログランキングへ

↑↑↓↓気に入っていただけたら、応援のクリックをぽちっと!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

by Londonkyou | 2010-04-16 19:46 | フィレンツェ旅行  

フィレンツェたび

まず、フィレンツェのお話の前に...
今回の旅行、交通機関にアンラッキーな旅でした(涙)。

フィレンツェへ行く日、Tubeのピカデリーライン(ヒースロー空港まで
行く路線)が途中の駅までで止まり、その後は、バスにて運行に!
週末そういう事はよくあるので、慣れているのです...が!私達は、ちゃんと
地元の駅で、週末の運行情報をしっかりチェックしていたし(そんな情報全く
なかった)ピカデリーラインへの乗り換えの時にも、お知らせするポスターは
張ってないし、スタッフもいないし...
空港へ行く路線だけに、ちゃんと皆に分かるように、ポスターを貼ったり、
アナウンスをしたりしろよ!!!!(怒)

結局、バスでは、飛行機に間に合わないと思い、そこからタクシーで行きました。
ええ、痛い出費でした...はー。

そして、飛行機も出発がちょっと遅れて、やっと着いたのは、ピサ。
あのピサの斜塔で有名な、ピサです。フィレンツェ空港は小さーいので、
ロンドンからはピサへ飛ぶのです。その空港からフィレンツェまで電車が
出ているのですが、その電車も待っていたら、キャンセルされました!
スタッフいないし...ひたすらアナウンス待ち&電車が来る事を祈るのみです。

で、なんとか無事に着いたフィレンツェ(すでに夕方)、暖かいというか、
ちょっと暑かったです。


a0137487_18581876.jpg

(↑私の手じゃなくってよ)

さっそく、ジャラートを頂きました。
ミディアムサイズなのに、でかい!


a0137487_1925380.jpg


観光客でいっぱいな街、フィレンツェ。
日本人もいっぱいいたし、ヨーロッパ各国からの学生の団体もいっぱいで、
とくかく人が多かった。

観光で生きている街だからか、観光名所には、夜、警察がいて、
安全に思いました。もちろん怪しげな人もいたけれど、イタリアと
しては、とっても安全な街じゃないかな。


a0137487_19104313.jpg


街を歩けば、ルネッサンスの栄光があちこちに!

なーんて、雑誌に載っていそうなフレーズ(笑)。
小さくてどこへでも歩ける街なのに、ぎっしり見所が詰まっているのですね。
観光にとっても便利です。


a0137487_19191382.jpg


こちら、有名なヴェッキオ橋。
豪華な宝石店がずらり。

確か、この橋の二階部分は、ウフィツ美術館の非公開コレクションがずらっと
並んでいる場所だったと思います。そっちも見てみたいものです。


a0137487_19263379.jpg


フィレンツェに着いたのが、すでに夕方だった事もあり、
一日目は、ぶらっと街を歩いたぐらいでした。

そして、夜、サービス精神満載のシェフによるフィレンツェの中世料理を食し、
いっぱいワインを飲んで次の日に備えた私達です。

つづく。


人気ブログランキングへ

↑↑↓↓気に入っていただけたら、応援のクリックをぽちっと!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

by Londonkyou | 2010-04-15 19:39 | フィレンツェ旅行  

お家が一番

こんにちは!

無事にロンドンへ戻りました。旅行中も風邪で、声が出なかったり、
ニューハーフ声になったり(笑)、咳で眠れなかったり...しましたが、
幸い熱はなく、楽しく過ごせました。

えっと、今回の旅行ですが、イタリアのフィレンツェへ行きましたよ。


a0137487_225275.jpg


メインの目的は、高校時代の友達(日本人カップルです)のWeddingに
参列するため。そう、イタリアで海外挙式なのです。


a0137487_2274746.jpg


でも、ばっちり観光もしたし、アート観賞したり、ゆったりカフェしたり、
いい旅でした。


a0137487_22112312.jpg


そんなわけで、これからしばらくフィレンツェ旅のお話になります。
お楽しみに!

あっマックですが、とっても元気でいい子だったようです。ご安心を!

ああっそれにしても、旅行から戻ると「やっぱりお家が一番」って思います。
ま、すぐに次の旅行へ行きたくなるのですが(苦笑)。


人気ブログランキングへ

↑↑↓↓気に入っていただけたら、応援のクリックをぽちっと!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

by Londonkyou | 2010-04-14 22:21 | フィレンツェ旅行