映画館で、かもめ食堂

いったいここへ来たのは、どのくらいぶりだろう??と言うぐらい
お久しぶりな場所。


a0137487_23291246.jpg


トラファルガースクウェアー(ロンドン観光名所、三越のライオンの元になった
ライオン君がいます)。

懐かしい...
昔は、よくこの辺りを通ったんだよなーっと思わず、遠い目に...


a0137487_23325999.jpg


さて、広場には、スクリーンがあり、なにやらイベントっぽい。
ここでは、よくイベントを行っているのですが、今回は何かな?

そうだ!チャイニーズニューイヤーだ!と思ったのですが、
バンクーバーとあったので、多分オリンピックイベントじゃないかな...
(面倒なので、わざわざ広場へ行って確かめる気なし)

そう、チャイニーズニューイヤーといえば、数年前、ソーホー(中心部)を
歩いていたら、おじさんに、「Happy New Year!!」と言われたのですね。
すでに2月だったし、頭がおかしい人だと思って無視をしたのですが、
後で、中華街の飾り付けを見て、「あっそうか!チャイニーズニューイヤーか!」
って納得したのです、が!中国人だと思われた事で、むっ!


a0137487_2347381.jpg


反対側を見てみると、ビックベン!

ちなみに、ナショナルギャラリーの階段を上った入り口前からだと、
いい感じにビックベン&トラファルガースクウェアーの写真が撮れますよ。


a0137487_23512414.jpg


さて、今回の目的地は、この先。

この道(the Mall)をまっすぐ行くと、バッキンガム宮殿です。


a0137487_23545636.jpg


ここ↑(ICA)で、映画を見るのが目的。
しかも、日本映画を。しかもしかも、大好きな「かもめ食堂」を!!

ここでは、よくマイナー、アート系の映画を上映しています。
よく日本映画も上映しているのですね。
実は、私、いままでずーっとイギリスに住んでいて、初めて日本映画を映画館
で見ます!初体験。
今回は、日本映画上映に、気がついたのが早かったのと(私じゃなくてダンナが)、
興味がある映画だったので、ついに実現したのですね。


a0137487_021493.jpg


テーマは、現代日本映画の中の女性達。
上映映画は、個性的な女性が中心の映画で、女性監督によるものかな?

私は、この「かもめ食堂」が大好きで、DVDまで持っているのですが、
映画館で観た事はなかったので、つい、チケットを購入してしまいました。

客層は、私達のような日本人女性&英国人男性カップル、日本人女性、
そして、映画好きと思われるイギリス人達。

映画は、予想以上に、大爆笑!イギリス人、笑いがすごい!大受け!
そのなんともいい雰囲気の中で観た「かもめ」は、さらに良かったです。

でも、この映画、ちょっと訳ありの女性達が、日本を飛び立って、
当てもなくフィンランドへやって来ていたり、

「なんでこの国は、こんなにもゆったーりしているのでしょうか?」
こんな感じの台詞があったり...

日本社会で、疲れてしまった感じの女性達の物語。

のほほんとした感じの映画ですが、現代日本に生きる女性達の現状を
鋭く訴える作品なのかもね。

とっても面白いので、まだの方は、ぜひ。


ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

↑↑↓↓気に入っていただけたら、応援のクリックお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

by Londonkyou | 2010-02-16 00:43 | イベント  

<< Commonの端っこ 英国式バレンタインデー >>