冬の夜空に花火

「Remember remember the 5th of November...」でおなじみ!
でもないか...花火で!おなじみのBonfire Night(ボンファイア ナイト)
もしくは、別名 Guy Fawkes night(ガイ フォークス ナイト) へ、昨夜行って来ました。


a0137487_2192175.jpg


このボンファイア ナイトは、イギリスの一大イベントの一つです。
由来は、1605年に起こった、カトリックによる国王及びその政府
(プロテスタント)の暗殺未遂事件。彼らは、国会(ビックベンのある、あの国会)
を爆破して、国王らを暗殺しようと計画。が、失敗に終わったのです。

そして、この失敗に終わった11月5日を、国王、国会が守られた日と
してお祝いするようになったのです。

この計画の中心人物であったガイ フォークス にちなんで、ガイ フォークス ナイト
とも言われているのですね。


a0137487_21294188.jpg


近所の公園で行われた、ボンファイア ナイト。
メインイベントは、花火です。

そうなんです、イギリスの花火のシーズンは今!この寒ーい時期!


a0137487_2133727.jpg


花火が始まるまでは、ちっちゃな遊園地で遊んだり、
屋台で何か買って食べたり。私は懐かしの綿飴を買いましたよ。

↑上のゲーム(お子様用)に挑戦したダンナ。
縄がついた棒を使って、池に浮かんでいるフック付きあひるちゃんを釣り上げると
商品がもらえるという、超!超!簡単なもの!
あっという間に、釣り上げてしまい、「これってお金を出して、ぬいぐるみ
を買ったのと変わりないね」と苦笑。


a0137487_21401575.jpg


こうして、我が家にやってきたぬいぐるみ↑。
ダンナは、即、Harold (ハロルド)という名をつけていた(笑)。


a0137487_21434193.jpg


あっボンファイア(キャンプファイアーのようなもの)が
大きくなっている!
ここで、暗殺計画者のガイ フォークス人形が焼かれるのです!!
おおっこわ。イギリス人の恨みは長ーく、しつこいものなのね。

さて、お待ちかねの花火大会。

今回、始めてデジカメの花火機能を使ってみました。
これで、ばっちり花火を撮れるだろうと思っていたら、
かなり期待はずれな写真ばかり...ショック。
しかも、一回写すとまた撮影モードに戻るまでに時間がやたらとかかる!
花火モードを止めて、普通にしておいた方が、いい写真が撮れたのかも...


a0137487_21481131.jpg


バッカーン。


a0137487_21531885.jpg


たーまやー。


a0137487_21553190.jpg


かーぎやー。

やはり、日本人としては、こう叫びたくなるよー。


a0137487_21582370.jpg


右上、天使に見えませんか?

30分ぐらいで花火も終わり、行列がすごかったミニ観覧車
へ直行。すぐに乗れましたーー。


a0137487_2223947.jpg


てっぺんからの眺めは、意外に!すばらしかったのですよ。
この日は、ロンドン中で花火があげられていたため、夜空に花火が
いっぱいで、きれい。


a0137487_2255919.jpg


ところで、このミニ観覧車、ゆったりまわって恋人達が語らい合うなんて
ものじゃなかったのです!

席が埋まったら、一気にスピードアップして、ぐるんぐるん!
びっくりし、こ、恐ーーっという声まであげてしまいました。


a0137487_2295399.jpg


最後の最後に、アドレナリンが体中を駆け巡り、楽しかった!と興奮状態
な私達。

夏ではなく、冬に見る花火もけっこういいもの。
でも、ダンナに暑い日本の夏の花火も見せてあげたい。
日本の方がやっぱり花火のレベルは高いしね。


ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

↑↑↓↓最後に、応援のクリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

by Londonkyou | 2009-11-06 22:27 | イベント  

<< 住宅街のなかにあるパブ Indian Summer も終わり >>