約束のCornishware

以前、ちょっとだけ触れて、いつかご紹介しますねーっなんて言っておきながら、
今日の今日まで来てしまったもの...Cornishware T.G. Green
イギリスが誇る陶器。


a0137487_2024478.jpg


しかも、この白と青を見て、気に入ってくれた友達に、また書いてねと
言われておきながら...。

このCornishware(コーニッシュウェア)は、イギリスのコーンウォール地方の陶器
と思っていたのですが、ここのホームページを読んでみたら、違っていました!!
だってね、名前がそうなんだもん!絶対イギリス人もそう思っているはず。

1926年に、T.G.Green &Co. が、コーンフォール地方ではなく、
ダービシャー地方で生産を開始。
が、この独特の青に白というコントラストが、コーンフォールの青い海と白い波を
思い出させたため、Cornishware、コーンフォール焼き、陶器と名付けられたそうです。

こんな感じかな↓


a0137487_20202271.jpg


ここ↑は、コーンフォールの海ではないけれどね。
でも、イギリスとは思えないほどの青い海がコーンフォールには、あります。
びっくりですよ。
行った事がないので、ぜひマックも連れて行ってみたいな。


a0137487_20195167.jpg


Cornishwareは、人気もあり、近年は、オリジナルもののコレクターも
たくさんいたのですが、こういった古い時代の物は、現代の競争社会では、
うまくやっていけず、ついに、2007年に倒産してしまったのです。
普通にデパートなどで見かけた、このかわいらしい陶器を
全く見なくなってしまったのですよ。
理由がわからなかった私は、??がいっぱいでした。

が、幸いな事に、Cornishwareのファンであった方達により、
最近、復活しましたー!!
この素晴らしい、British Classicの陶器は、絶対に存続させなくちゃ!
私も含め、ファンはいっぱいいるのです。
一度、消えたものだから、いっそう可愛く見えるようになった、というか、重要性を
確認したファンは多いはず。


a0137487_20383159.jpg


これら↑は、Cornishwareではないけれど、
似た雰囲気で、これはこれで気に入っています。

このCornishwareは、青と白ばかりではなく、緑、黄色、黒、淡いピンク、淡いブルー
など、いろいろバリエーションがあります。
私が次に欲しいのは、ブルーのドット(水玉)のもの。
ものすごくかわいいです。値段はそれなりにするものなので、
少しずつ大切に集めていけたらいいなと思っていますよ。一生ものだしね。


ランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ

↑↑↓↓応援クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

by Londonkyou | 2009-10-28 20:50 | 暮らし  

<< ハロウィーンのかぼちゃ いぬ本 >>