歩いて行くのはいい事です

最近、Walkingに凝っている私。

今日は歩いて隣町(Tubeで一駅ですが、丘を超えてそれなりの距離です)
に行きました。
マック君も一緒です。

a0137487_23234257.jpg


ここで、私たちの到着を待っている人が。
お昼休み中のダンナ。

歩いていて、向こうからやってくる彼に気がついた私が、
「マック、見て!あれ、誰だー?」
と言っても、マックはしばらく全く気がつかず。
でも、突然それと分かると、もう大興奮で、必死で走り出すマック。
犬って匂いでわかるんじゃないの??相当反応遅いけれど。
匂いが届くのが遅いのかな??

川沿いの公園を一緒に歩いてみた。


a0137487_23321388.jpg


やっぱり、川があるだけで、心地よい。
雰囲気がぐーんと良くなります。


a0137487_23362946.jpg



ボートのお家↑。
外はボートでも、中は立派なお家なんですよ。

さて、ご近所で働いているダンナは、なんと言っても通勤が楽で幸せ。
東京に比べると、ロンドンは全然マシなのだと思いますが、
それでも、ラッシュ時に乗るとそれだけで、疲れますよね。

しかしね、それよりも私が嬉しいのは、テロの心配がほとんどない事。
やっぱりラッシュ時に中心部でTubeには、乗ってほしくない。

あの時(テロがあった日)、私はやっぱりロンドンに居て、
前日に、テロがあった地域の本屋さんへ出かけようと思っていたんです。
そして、当日夏休みで、朝寝坊をしたため、出かけるのが遅れた私に、
テロがあったから、出かけるなと電話が。
その後は、ずっとテレビを見続けた日だった。あのまま出かけてたら、
テロにあわなくても、パニックになる人々をいっぱい見たんだろうな。

その後、やっぱり皆、慎重にならざるおえなかったのですが、
イギリス人は強かったです。なんせ、テロに慣れているんです、この人達は。
「だって、80年代の方がテロは頻繁にあったし...」
と平気で言っている。
IRA(北アイルランドのイギリスからの独立を目指す)によるテロの事ですね。
それもあるし、これで怯えていたら、テロに負けた事になるから、
今まで通り生きて行くしかないという強い方々。
これは、イギリスの強さですね。

凄いと思いつつも、やっぱり家族の事を思うと、
できる事なら、可能性を低くしたいと思うもの。

なぜか、テロについてのお話になちゃったわ。

そういえば、行き帰りと近所のモスクの前を通った私。
ものすごく花がきれいに飾られていたなー。平和そのものに見えた。


ランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
↑↑↓↓応援クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

by Londonkyou | 2009-08-27 00:19 | 暮らし  

<< なつやすみ 暑い日は泳ぐに限るワン! >>