Billに気をつけろ。

 我が家にBillが来た。ビルさんではなく、
 請求書が届いたんです。電気代の請求書ね。
 いつものとおり、まっ、こんなもんかと値段をチェック。
 んっ待てよー!
「Based on estimated reading」とある。
 estimated つまり、推定。
 実際使った量じゃなく、向こうの推測で決められた値段。
 だいたいこのぐらい使ったでしょってね。
 早速、自分でメーターを確かめたら、案の定、多めに見積もられてる。
 即、抗議の電話。
 こっちは、全く悪くないので、すんなり新しい請求書が届く事に。
 
「ところでね、いつもなら、おじさんがメーターを読みにくるし、
 留守ならちゃんと自分で書いてお知らせするカードをくれるじゃん。」

「いやー、そのあたりのメーター読む担当者がいなくなってさー。」

 あっそう。
 じゃ、うちの近所はみんな推定で請求されてるわけね。
 まず、安く見積もられる事はないでしょう。
 
 そして、昨日新しい請求書が届きました。ちゃんと13ポンド程安くなっていたよ。


 フランス人の友達は、いきなり20万近い請求書を送りつけられてました。
 二人暮らしで、20万も使う訳ないじゃん。っていうか、大家族でも使い切れない
 でしょ。どうやら、メーターを読むおじさんが数字を読み間違えたらしい。
 なんて初歩的な。

 
a0137487_18535994.jpg


 こんなさ、Green なイギリスにしよう!なんて、言われても、
 いまいちあんなサービスじゃ、乗り気になれないわ。


人気ブログランキングへ
ランキングに参加しました。応援クリックいただけると嬉しいです。

by Londonkyou | 2009-07-11 19:05 | 暮らし  

<< Barnes Fair ポスター >>