お義父さん感動

こんにちは。
もう4月ですよ~、早いですなっ。
ロンドンは、先々週からずーっと暖かいぽかぽか陽気で、気持ちいい日々です。

先週末なのですが、
お義父さんが遊びにやって来ました。
今回のタイトルは、ぱっと頭に浮かんだもので、、、
タイトルを考えるのってたまに面倒だったりしませんか??

まずはいつもの通り最近お義父さんが出かけた旅行だったり、
登山だったり(登山が趣味な義父)の写真を見つつの近況報告をして、

ランチへ。

が、その前に、ダンナがお義父さんに見せたいという教会へ行く事に。

お義父さん、ふーんいいけれど、、という感じだったのですが、
その教会へ着き裏側に回って、

a0137487_141052.jpg


ダンナ
   「絶対好きだよ!ほらっあそこ!」
お義父さん
   「ん?、、、あっあれは!!!!リチャード バートンのお墓!」

おおっ感動してる、、、ふふふっ。ダンナも嬉しそう。

 注:エリザベス テイラーと結婚した俳優のリチャード バートン
   ではありませぬ。

イギリスの探検家(ビクトリア時代)のリチャードバートンで、
お墓は探検家らしくテントの形!

ちなみに、お義父さん情報だと、俳優の方のリチャード バートンの
バートンは本名ではなく、この探検家から名を頂いたそうです。

a0137487_154595.jpg


さて、このバートン氏は、どんな事をしたのかといえば、
ナイル川の源流を発見したり(or しようとした、、かな?)、
西洋人として初めてメッカの巡礼地に忍び込んだり(変装したらしい)、
カーマスートラを持ち帰ったり、アラビアンナイトの翻訳をしたり、
と、まあっ凄いわけなのです。
あっそうそう、40近くの言語を話したそうですよ~。

a0137487_17753.jpg


お墓の裏側には、覗き窓↑があってはしごを上って中を拝見する事が
できます。奥さんの棺と彼の棺が置いてありますよ。

お義父さんは、ダンナの予想通り彼のファンであり、
いたく感動しておりました。

a0137487_183138.jpg


犬であるマックには、分からないよね~、笑。
お墓にマック印をつけるのではないかっと心配したのですが、
全く興味なしだったようで、ダフォディル(水仙)がやっぱりお気に入り
のよう。

a0137487_192751.jpg


大喜びのお義父さんと一緒にパブへ。

ドッグフレンドリーパブの
The Brown Dog

a0137487_1103388.jpg


ブタの耳をもらって、がっついていたマックです、笑。

a0137487_1121373.jpg


私もがっついたけれどね。

では、また~。


人気ブログランキングへ

↑↑↓↓気に入っていただけたら、応援のクリックをぽちっと!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

by Londonkyou | 2012-04-02 01:18 | 暮らし  

<< Kempton Antique... 小さめなベビー? >>