コッツウォルズ、ガーデン巡り

こんにちは。秋が近づいている、というか、もう秋かな...
なロンドンより、コッツウォルズ旅行記だらだらしつつも、
自分なりに、がんばって書いています。
もう少しお付き合い下さいませ。

コッツウォルズの旅を、さらにイギリスらしい旅にするには...
イングリッシュガーデン巡りが一番!(勝手な私論)

そんなわけで、私の希望で、ガーデンへ。

軽ーく調べた結果、選んだのが、「Kiftsgate Court Gardens」。
で、地図を眺めていると、同じく有名なガーデン 「Hidecote Manor Garden」も、
すぐご近所にあると判明したので、ついでに行く事に。
まずは、「Hidecote Manor Garden」へ。

a0137487_2214529.jpg


大人気なガーデンらしく、平日にも関わらず、駐車場がほぼ満車。
それに、The National Trust(ナショナルトラスト)のガーデンでした。
ナショナルトラストとは:
「歴史的な遺産や美しい自然を残すために1895年に創設された民間の自然
 (環境)文化保護協会のこと。」 
(地球の歩き方より抜粋しました)
イギリス中、至る所にあります、ナショナルトラスト所有の場所は。
こういう遺産や自然保護に関しては、かなり尊敬に値するイギリス人達です。

a0137487_2265784.jpg


ガーデンは、やっぱり素敵!
しっかり整備され整然としつつも、植えられた花や木が
ちょっとぼさぼさなラフな感じで、自然な雰囲気満載なイングリッシュガーデン。

a0137487_2304549.jpg


それにしても、おじいさん&おばあさんばかり(苦笑)...そうね、ガーデニング
と言えばお年寄りよね...しかも、平日だし。
あるおばあさん団体は、本を持参していて、しっかり椅子を確保して、
座って読んでいたり、半分寝ていたり(笑)。
ご近所の人で、きっとナショナルトラストのメンバーなんだろうな~。
年間費を払っているメンバーは、ナショナルトラストに入るのは無料なんです。
年間3回以上ナショナルトラストに行く人は、お得だそうですよ。

さて、続いて、「Kiftsgate Court Gardens」へ。
こちらは、ナショナルトラストではないためか、午後2時からの遅めのオープンの
せいか、人が少なめ。

a0137487_235153.jpg


ですが、
アットホームなカジュアルな雰囲気で(比べた感じですが)、
こちらの方が好きでした。
バラが有名なガーデンで、時期がすでに終わっているのが、非常に残念。

ここにも、この花がどうの、あの木がどうの、言いながら、
楽しそうにしているお年寄り団体多し。
かなりイギリスなイメージですね~。

a0137487_2362543.jpg


いきなりこーんなモダンなガーデン↑もあり、びっくり!!
しっかり隠れているので、不調和という事もなかったです。
むしろ、この驚きが新鮮でした。

a0137487_2384226.jpg


さて、このガーデン、実は、崖の上にあります。
急な階段を下がっていくと、半月型のプールが。
そして、羊がいっぱいのいい眺めも広がっていますよ。

a0137487_2403653.jpg


崖下からのガーデンの眺め↑です。
このガーデンを作った庭師さん、お疲れさま。


ガーデンのお話のついでに、昨日起こった小事件について。
昨日、ダンナが帰宅した時に発見したのですが、窓の前に置いている
花が半分切り取られていたのです!!
しかも、根っこから切ってあった(株分け)ので、ダンナ曰く、
「あっこの花きれい、もらっちゃおっ!」と誰かが、盗んだっぽい...(怒)!
ただの酔っぱらいの仕業かもしれないけれど、根っこから半分だけ切って持って
帰る几帳面な酔っぱらいもいないだろうし...。
非常に驚愕な事件でした。とっても失礼な無礼な人がいるものだと不快!
非常識にも程があるわっ!
残りの半分が枯れない事を願うばかりです!

えっと、話がそれちゃいましたが、
イギリスでガーデンを巡るっいうのをやってみたかったので
(ずーっといるわりに、行った事がない...)行った事に満足!
もちろん、完成された美しさにも満足でした。


人気ブログランキングへ

↑↑↓↓気に入っていただけたら、応援のクリックをぽちっと!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

by Londonkyou | 2010-09-15 02:54 | イギリス国内旅行  

<< コッツウォルズの村々 マック、羽を伸ばす >>